亜麻仁油とは

亜麻仁 イメージ画像

亜麻仁油とは、その名の通り亜麻の種子(亜麻仁)から絞った油のことであり、その優れた健康効果に注目が集まっています。

 

特に食の欧米化が進む現代人ほど重要な役割を担うとされ、その効果は亜麻仁油自体が油でありながら、体の中の不要な油を排出するという重要なものです。他の油と亜麻仁油を差し替えて使うことで、特に過剰な脂質に関して大きな効果が期待できます。

 

亜麻仁油は一般的な食油と同じような佇まいですが、一般的なサラダ油などの完全な代替にはなりません。というのも、亜麻仁油の健康効果の源であるαリノレン酸は熱や空気に弱いため、長時間の加熱に用いるとせっかくの健康効果が失われてしまいます。

 

そのため、多少使いどころを選ぶことは確かですが、例えば普段使っているドレッシングを亜麻仁油を使った自作ドレッシングに替えるとか、カプレーゼなど生で油をかけて食べる料理に用いたり、あるいは短時間だけ火にかける軽い炒め物などに用いるだけで、現代人が不足しがちなオメガ3脂肪酸をしっかりと補給することができます。

 

これまで、オメガ3脂肪酸を摂取するには青魚を食べなければならないと言われてきましたが、レシピを変更することなくただ料理にかけるだけでオメガ3脂肪酸を摂取できる亜麻仁油はその手軽さが受け、特に魚嫌いの人にとっての救世主として広く用いられるようになりました。青魚を食べる習慣のない人は、ぜひ一度亜麻仁油を試してみてはいかがでしょうか。

 

人気記事ランキング 基礎知識
  1. 亜麻仁油人気ランキング
  2. 亜麻仁の母油のレビュー
  3. 亜麻仁油サプリメント

 

亜麻仁油の効果・効能

 

亜麻仁油には豊富なオメガ3脂肪酸が含まれており、これの摂取を目的として亜麻仁油が広く用いられるようになっています。

 

オメガ3脂肪酸は量を問わなければ様々な食品に含まれていますが、現実的に一日の所要量を満たすことを考えた場合、脂の乗った魚以外で十分にオメガ3脂肪酸を摂取できる食品はごく少数です。魚以外には一部の種子類に限られ、くるみやえごま、そして亜麻仁です。

 

亜麻仁油は数少ないオメガ3脂肪酸が多く含まれる植物油で、魚と違い料理のメニューをあまり偏らせることなく毎日オメガ3脂肪酸を摂取できるため、重宝されています。

 

具体的な効果・効能としては、一般的なオメガ3脂肪酸の効能として血中の中性脂肪やコレステロール値を低下させる、いわゆる「血液サラサラ効果」が見込めます。

 

これは結果的に狭心症や心筋梗塞といった致命的な虚血性疾患を防ぐことができ、また動脈硬化の進行も緩やかにしますので、それに付随して血管劣化に伴う高血圧も予防できます。つまり、生活習慣病に対してかなりオールマイティに効果を発揮するとしてこれだけ注目を集めているのです。

 

その他、亜麻仁油のαリノレン酸特有の効果としては抗炎症作用があります。炎症物質の発生を妨げる効果のあるαリノレン酸は、アレルギーなど難治の自己免疫疾患治療に重要な働きを担う可能性があるとして、今も研究が進められています。いずれにしても、現代人にこそ必要な栄養素とまとめることができます。

 

亜麻仁油の効果 おすすめ亜麻仁油!