亜麻仁油に含まれるαリノレン酸の働き

亜麻仁油の主成分であるαリノレン酸はオメガ3脂肪酸に属する必須脂肪酸であり、オメガ3脂肪酸としての様々な健康効果を持つ上に、他のオメガ3脂肪酸であるDHA・EPAには見られない特異な効果も有する非常に人体に重要な脂肪酸です。

 

血液サラサラ効果が期待!

 

オメガ3脂肪酸といえば血液サラサラ効果があるとして魚からの摂取が推奨されていますが、これはオメガ3脂肪酸全体の働きであり魚油に含まれるDHA・EPAだけでなく、亜麻仁油のαリノレン酸でも同じような効果が期待できます。

 

またそもそも、αリノレン酸は生体内でDHA・EPAに変換できるため、DHA・EPAそのものになることもできます。とはいえ、この変換は効率が悪くαリノレン酸経由で十分なDHA・EPAを供給することはできないため、αリノレン酸を摂っていればDHA・EPAは不要ということではありません。

 

つまりαリノレン酸だけでなくDHA・EPAも同時に摂取するとさらに健康に良い効果が期待できるというわけです。

 

リノール酸の摂取量を減らす

 

αリノレン酸は特異な働きをいくつも持ち、特に過剰摂取が危険視されているオメガ6脂肪酸と拮抗作用があるという点が健康には重要なポイントです。

 

オメガ6脂肪酸は多くの植物油に豊富に含まれており、油を使う料理から大量に摂取できる脂肪酸で、生合成のできない必須脂肪酸ではありますが摂取量は過剰だとされています。

 

特にその中のリノール酸は炎症を発生させる物質へと変換されるため自己免疫疾患への関連が疑われていますが、αリノレン酸とリノール酸は消化吸収のために使われる酵素が同一であるため、αリノレン酸を意識して摂取しておくと、リノール酸吸収に回される酵素が減り、結果的にリノール酸の摂取量を抑えることができます。