コレステロール・中性脂肪を下げる亜麻仁油

現代人の食生活を分析すると、どうしても脂質摂取過剰が目に付きます。例えば菓子パンなど種類によっては一つで一日の脂質摂取目安量の上限を超すほどの脂質が含まれていたりと、出来合いの食品には大量の脂質が含まれているものです。

 

脂質過剰は単純に肥満をもたらす以外に、脂質異常症の引き金にもなります。脂質異常症はコレステロールや中性脂肪などの脂質関連の数字が異常に高値を示す生活習慣病の一つで、最大の原因はもちろん脂質過剰です。

 

この脂質異常症、脂質摂取量を基準値内に収めることももちろん重要ですが、オメガ3脂肪酸の摂取によっても速やかに解消することができ、脂質過剰の現代の食生活には重要な栄養素と考えられています。

 

そして優れたオメガ3脂肪酸摂取源である亜麻仁油は、コレステロール・中性脂肪を下げ脂質異常症の予防・改善に重要な役割を担う健康食品と言えます。

 

血中のコレステロールや中性脂肪が過剰な状態は動脈硬化の予備軍とも言える状態です。過剰なコレステロールや中性脂肪は血管壁に引っかかるリスクが高く、この血管壁に引っかかったコレステロールなどが積み重なり血管が狭まって硬くなるのが動脈硬化です。

 

しかし亜麻仁油を摂取すれば、αリノレン酸がこれらの過剰な栄養素の回収を促進するため、リスクの低い血液状態を維持するのに役立ちます。毎日一さじの亜麻仁油でも十分な効果が得られますので、ぜひ毎日続けていきたいものです。