亜麻仁油とえごま油の違い

亜麻仁油と同様に上質な脂肪酸を含む油としてえごま油があります。亜麻仁油は亜麻の種子である亜麻仁から抽出した油、えごま油はその名の通りえごまから抽出した油であり、全く違う種類の油ではありますが、栄養面では似たような面もあります。

 

どちらもαリノレン酸が豊富

 

亜麻仁油もえごま油もオメガ3脂肪酸が豊富な点で優れた栄養価を持つ油として知られていますが、特にどちらもαリノレン酸が豊富な点が優れています。

 

αリノレン酸はオメガ3脂肪酸の中でも特有の抗炎症作用を持っていたり、必要に応じてDHAやEPAへと変換されるなど特に有用な脂肪酸です。

 

違いは重量比

 

亜麻仁油・えごま油どちらもこのαリノレン酸が豊富なため健康維持に役立ちますが、えごま油は重量比で25%弱がαリノレン酸なのに対し、亜麻仁油は50%弱ものαリノレン酸を含むため、健康面だけで選ぶならば亜麻仁油の方が優れていると言えます。

 

味、香りは?

 

人の好みによることをあらかじめ断っておきますが、香りに関してはえごま油のほうが癖もなく受け入れやすいと言えそうです。

 

亜麻仁油も極端におかしな臭いがするというわけではありませんが、良く言えばフレッシュな、悪くいえば青臭いような香りがあるため、慣れるまではちょっと違和感があるかもしれませんし使い道も選ぶかもしれません。

 

どちらもαリノレン酸の摂取源として優れているという共通点があり、その含有量と食味や香りに差異はありますが、基本的には好きな方を選べばいいでしょう。