亜麻仁油を肌に塗るとカサカサ乾燥肌対策に良い

亜麻仁油は食すると優れた栄養効果を持ちますが、肌に塗ったり外用として用いる方もいます。外用で用いる油というとオリーブオイルがまず頭に浮かびますが、亜麻仁油も高品質な健康油ですから肌の保湿対策に役立ちます。

 

市販の食用の亜麻仁油は当然ながら食用の安全基準を通っている自然の油です。したがって、化粧品としての油などより刺激成分に対する基準が厳しく、亜麻仁油はαリノレン酸に抗炎症作用があるということもあり特にアトピー性皮膚炎を患っている方が好んで外用しています。

 

 

αリノレン酸の抗炎症作用はオリーブ油にはない特有の健康効果で、過剰摂取が問題となるリノール酸が発生させる炎症成分を相殺します。

 

リノール酸はサラダ油などに豊富に含まれ、ファーストフードやほとんどの出来合いの食品はこのリノール酸を非常に多く含み、これがアトピー性皮膚炎や各種アレルギー反応の原因として疑われているので、αリノレン酸の抗炎症作用は現代人にこそ重要な働きと言えるでしょう。

 

ただし、亜麻仁油は酸化に弱いため、取り扱いには注意が必要です。亜麻仁油自体も使う度に密閉し冷暗所に保管しなければなりませんし、肌に塗った後も長時間塗りっぱなしにする用途には向きません。

 

例えば睡眠中の保湿パックとして使う場合は、睡眠時間にもよりますが抗酸化成分を豊富に含み酸化に強いオリーブオイルの方が向いていると言えます。オリーブオイルと亜麻仁油、どちらも向き不向きがあるので使い分けたいものです。