高血圧・動脈硬化対策に亜麻仁油

オメガ3脂肪酸は生活習慣病の予防や改善に重要な成分であるとよく宣伝されていますが、その実態はオメガ3脂肪酸が血中のコレステロールや中性脂肪を回収することによります。そしてそれにより特に動脈硬化や動脈硬化の結果として発生する高血圧への効果的な対策となります。

 

人間の血管は理想的な食生活を続けていても日々劣化していくものですが、特に脂質が過剰だと急激に劣化するものです。

 

血管内壁にコレステロールや中性脂肪が張り付き血管内が狭くなる動脈硬化、そして狭くなった結果発生する高血圧は私たちの命を脅かす重大な生活習慣病です。

 

血管内が狭くなることは血流を悪くしたり血液量に対して内径が狭まるので高血圧を誘発したりと非常に危険なものですが、さらにコレステロールや中性脂肪の塊は血液内に崩れ落ちて血栓を発生させるため、心筋梗塞など致命的な疾患の直接的な原因となり、これは日本人の死因の上位を占め続けています。

 

コレステロール過剰な血液状態は、亜麻仁油を毎日定期的に摂取するだけで大幅な改善効果が見られることが分かっています。

 

まだ動脈硬化や高血圧が問題となっていない人には予防になりますし、既に動脈硬化が深刻化している方には不要なコレステロール値を下げることで血栓発生を予防し、血栓の形成とそれが重要な部位に詰まるという最悪の結果を予防する保険になります。

 

現代社会で十分に脂質摂取量を少なく保っている人はほとんどいませんので、全ての現代人の健康にとって亜麻仁油は重要なものです。