痛風改善に亜麻仁油

贅沢病や帝王病とまで言われた痛風、生活習慣の変化により非常に身近な病気になってしまいました。激しい痛みが長時間持続するこの病気は食生活が乱れた人にリスクが高く、特にお酒好きで尿酸値が高い人は戦々恐々としているものと思います。そんな方にもお勧めなのが亜麻仁油です。

 

痛風は尿酸が高濃度になり結晶化することで発生する病気ですが、亜麻仁油はこれを二つのメカニズムから予防・改善します。一つは、亜麻仁油に含まれるαリノレン酸が、オメガ3脂肪酸共通の働きとして血液の状態を改善し尿酸が高濃度になって結晶化することを防ぎます

 

もう一つは、オメガ3脂肪酸の中でもαリノレン酸特有の働きである抗炎症作用が、痛風発生後の炎症を予防・緩和するのです。

 

高品質な亜麻仁油はこちら

 

したがって、痛風予防として考える場合は亜麻仁油でなくとも青魚からDHA・EPAを摂取するなどしてオメガ3脂肪酸を摂れば同様の効果が期待できますが、尿酸結晶が発生し始めたり痛風発作が起き始めた後の緩和・改善作用は亜麻仁油が優れていると言えます。

 

痛風の根本的な予防と改善にはやはり食生活の改善を避けては通れませんが、一度尿酸を溜めてしまうと、尿酸の元となるプリン体を含まない食品はほとんどありませんので、食生活の改善のみによる対策は困難を極めるはずです。

 

そこで、可能な範囲での食生活改善に加えて亜麻仁油の摂取を習慣としてみるのはいかがでしょうか。きっと痛風対策に役立つはずです。